Apple、App開発サービスBuddybuildを買収

Apple、App開発サービスBuddybuildを買収

Appleは、自社のプラットフォーム用のアプリを簡単に作成して反復処理できるようにすることで、開発者に対する努力を強化し続けています

同社は、バンクーバーに本拠を置くアプリツールのスタートアップ、Buddybuildを買収しています、これは、継続的な統合ツールとデバッグツールに焦点を当てた「モバイル反復プラットフォーム」を意味しています

基本的には、アプリケーション開発チームに簡単なワークフローを与えるGitHub、BitBucket、または GitLab を通じて、アプリを世界中に繰り返し、実行します

この取引では金銭的条件は明らかにされていません
AppleはTechCrunchに、現在約40人ものエンジニアを雇用しているチームがカナダのブリティッシュ コロンビア州に滞在し続けるとし、スタートアップが「カナダの会社であることはいつも誇りに思っている」と賞賛したことを伝えています

スポンサーリンク


買収の一環として、BuddybuildはiOS、macOS、watchOS、tvOS向けの開発ツールスイートのXcodeに取り込まれますが、AppleとBuddybuildはこれがいつ起こるのかについて具体的なスケジュールを決めていません

Buddybuildのサービスは、既存の顧客が自社のサイトを介してスタンドアロン製品として引き続き利用できるようになりますが、新しい顧客はそのポータルを通じて受け入れられなくなります

しかしこの契約はまた、同社は昨年2月に追加したAndroid アプリの開発の終了を意味しサービスは、3月に終了となります
Apple は同様にTestFlightを買収したときにAndroidの互換性を中止し、Googleのエコシステムから重要な開発ツールを効果的に削除しました

システムはアップルの既存のツールセットにうまく収まり、独自のチャンネルを通じてモバイルアプリのテスト、デバッグ、デプロイメントを行うための追加の方法が必要になります

さらに重要な点は、iOS用のアプリを開発し反復することがずっと簡単にできることです

スマートフォンメーカーにとってのアプリは、ユーザーがデバイスを購入するよう誘導し、市場が成熟するにつれてスマートフォンの獲得スピードが遅くなると、アプリはますます収益源となります

画像元:TechCrunch
(Via TechCrunch.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)