Rosenblattのアナリスト:iPhone Xの生産量削減の証拠はない

Rosenblattのアナリスト:iPhone Xの生産量削減の証拠はない

iPhone Xの生産は予定通り

アナリストのJun Zhang氏は、ホリデーシーズン後にiPhone Xの生産がさらに減ったという証拠はないと述べました

投資家へのメモは、RosenblattがAAPL株にマイナスの見通しを提供してきた歴史を持つため、特に注目すべきものです

Zhang氏は、台湾のメディアが混乱している可能性があると考えており、iPhone Xの生産を削減するのではなく、代わりにiPhone 8とiPhone 8 Plusの生産を削減することを指していて、iPhone 8のラインナップの削減は12月四半期に始まり、主力iPhone Xの生産が増加した

Appleは3月四半期にiPhone Xの注文が削減されたと主張するサプライチェーンの噂に襲われている
それは一部のアナリストの、デバイスの$999の開始価格が消費者にとって高すぎる可能性があると言っていることに基づいています

スポンサーリンク


しかし、Rosenblattは、iPhone Xのコンポーネントサプライヤは、3月期には順調に移行すると見ています
同社は、全体的なiPhoneのコンポーネントサプライヤーは、春の四半期には25%の下落を見込むことができると言っていますが、そのような減少はスマートフォンの売上の典型的な季節的な傾向に沿ったものになります

Zhang氏は、次のように述べています

iPhone Xの売上高は、ホリデーシーズン中に北米市場で安定しており、過去2週間で中国市場が加速する可能性が高い

中国の通信事業者の業界調査によると、iPhone Xの売上高はこれまでのiPhone 8/8 Plusの売上を上回る可能性が高いと指摘されています

一方、RosenblattはiPhone Xの控えめな見通しを示していて、自社の見積もりによれば3月期には3,500万台以上が生産される見通しです

Rosenblattは歴史的にAAPLの株式を弱気にしていましたが、同社は11月初めにiPhoneメーカーの株式について「中立」から「買い」の格付けに転換し、それ以来 180ドルの価格目標を維持しています

(Via appleinsider.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)