Apple、拡張現実感ヘッドセットカンパニーVrvanaを3,000万ドルで買収

Apple、拡張現実感ヘッドセットカンパニーVrvanaを3,000万ドルで買収

拡張リアリティヘッドセット

Appleが2020年に拡張現実感ヘッドセットを出荷する作業を進めていると伝えられているなかで、カナダのモントリオールからスタートアップを取得しています

TechCrunchは、AppleがTotemヘッドセットのメーカーであるVrvanaを買収したことを知りました、2人の情報筋はこの取引は約3,000万ドルであったとTechCrunchに伝えています

Appleに連絡したが、同社はコメントを拒否したが、その話を否定しませんでした
Vrvanaはコメントに対する我々の要求に答えなかったが、取引に近い出資者が買収を確認しました

ARハードウェアに対するAppleの関心についての報告や噂を見てきたが、会社は非常にタイトで、一般的に完全に新しい将来の製品について非常に秘密であるため、この契約は重要でです
この買収は、おそらく会社が現在開発しようとしていることの最も明白な指標です

多くのスタートアップ従業員がカリフォルニア州のAppleに加わりました
Vrvanaサイトは現在まだ稼働していますが、今年の8月にはソーシャルアカウントとニュースの更新が中止されました

Vrvanaの既存製品、製品ロードマップ、または現在のビジネス(NDAでValve、Tesla、Audiなどと協力していたもの)のどれがAppleに向かうのかは明らかではありません

Vrvanaがそのサイトで披露した唯一の製品は、未発売のTotemヘッドセットで、ARとバーチャルリアリティの両方のキーテクノロジーを利用して単一のヘッドセットで両方の体験を可能にする「拡張現実感」デバイスです

テザリングされたデバイスは、今日の多くのVRヘッドセットに似たフォームファクタを持っていましたが、ヘッドセット内のOLEDディスプレイで外界を再現するために、いくつかの順方向パススルーカメラに独自に依存していました

カメラのシステムは、ユーザーが手を追跡するために赤外線カメラを使用しながら、デバイスが3D空間での位置を追跡できる技術である6DoF追跡を可能にしました

VrvanaのカメラベースのARアプローチは、HoloLensヘッドセットに透明な投影ベースのディスプレイを利用しているMicrosoftのような競合他社とは異なります

トーテムは、これらのシステムよりも多くの利点を持っています
特に、黒を表示できない他のヘッドセットの幻想的な投影ではなく、現実世界の上に完全に不透明なトゥルーカラーのアニメーションを重ねることができます
これにより、ヘッドセットは、VR環境とAR環境との間の「シームレスブレンド」遷移と呼ばれる動作を行うことができます

Vivana 002

トーテムがARモードとVRモードの間でどのようにスムーズに移行するかを示すアニメーション


Appleは、専用ディスプレイ、内蔵プロセッサ、新しい「rOS」オペレーティングシステムを搭載したARヘッドセットを構築していると言われています

同社は2019年までに拡張リアリティヘッドセットの作業を完了することを目指しており、完成した製品は2020年になるとすぐに出荷可能になる予定です

画像元:Vrvana
(Via MacRumors.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)