WWDC 2017でのWingnut ARデモの作成について

WWDC 2017でのWingnut ARデモの作成について

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

AppleはWingnut ARに、6月に開催されたApple World Wide Developer Conference向けの高度なARゲームを作成するための、ARKitへの特別なアクセス権である拡張現実デベロッパーキットを与えました

BBCが投稿した簡単なビデオで、Peter Jackson’s studio は、クリエイティブディレクターAlasdair Coullの新たな洞察力と、拡張現実感のデモを説明します

Wingnut Filmsと呼ばれるジャクソンの別の会社が、Lord of the RingsとHobbitの創設に果たしました

今月発表された別のレポートでは、「Wingnut ARのクリエイティブディレクターのAlasdair Coullが、ARKitとEpic GamesのUnreal Engine 4(UE4)と呼ばれるアップルの拡張現実感デベロッパーキットを使って実証しました

実際の環境の卓上とデジタルオブジェクトを融合して、この場合は宇宙船を攻撃する完全なSF空間で、ライブで見ることができます


スポンサーリンク







Coull氏は、次のように述べています

私たちの開発者Dan SmithとAndy Stylesは、ARKitとUE4を接続して、UE4内でARKitのパワーを非常に簡単に利用できるようにするプラグインを構築しました


プラグインの所有権を取得して整頓し、それを世界にリリースしたので、誰もがARKitでUE4を使用することができます

WWDCのデモでは、毎秒60フレームの新しいiPad Proを実行し、印象づけました

リアルタイムプロジェクトの場合と同様に、アセットを作成する方法、特にフレームレートを維持するためにfxがどのように構築されたかについては注意が必要でした

私たちは、シミュレートした後にエフェクトを最適化するためのカスタムツールをいくつか構築しました。最後に建物が爆発するなど、重要なポイントでパフォーマンスを維持するのに多くの助けとなりました

(Via Patently Apple.)


卓上がSF空間となって、とにかく凄いデモですね

先日知り合いの方がお持ちの、Microsoft「HoloLens」を体験させて頂いたのですが、Appleを噂の眼鏡では目の前にこの様な空間を体験できるようになるのでしょう


では、では・・・











スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)