Apple、ミュージックレーベルとの交渉で日本でのApple Musicでストリーミング普及を約束か

Apple、ミュージックレーベルとの交渉で日本でのApple Musicでストリーミング普及を約束か

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

日本での普及を求められている

Appleは、音楽業界との「全体的な関係」を改訂する努力の一環として、より低いロイヤリティを追求していると言われています

Appleのレコードレーベルとの契約は6月末に満了しますが、人々は厳しい決断ではなく、合意に達し締め切りを延長する可能性が高いと指摘しました

レコードレーベルは、SpotifyとApple Musicのストリーミングサービスのおかげで、昨年世界中で5.9%伸びました
業界の将来の健康状態についてより楽観的になっています

AppleMusic 002

レコードレーベルは現在Apple Music加入者から約58%の支払いを得ていますが、Spotifyは最近、加入者増加のための特定の目標を達成しなければならないというトレードオフを伴って、支払いを55%から52%に下げることができました


スポンサーリンク




AppleはSpotifyと同じ種類の取引を追求していると言います

一方、レコードレーベルは、Appleに世界最大の音楽市場の2つである日本とドイツなどストリーミングの流行が少ない市場でiTunesの宣伝を約束するよう求めています

画像元:Bloomberg
(Via Bloomberg.)


レコードレーベルは、Appleに世界最大の音楽市場の2つである日本とドイツでの宣伝を要求しています、Appleのロイヤリティが下がり契約が延長されると言うことは、このことを約束したことになります

日本での普及にこれまで以上の力点が置かれることは間違いないと思われ、ユーザーにとっては嬉しい知らせではないでしょうか!


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)