AppleのiPhone、スマートフォンの販売市場シェアの重要性と利益

AppleのiPhone、スマートフォンの販売市場シェアの重要性と利益

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

シェアか?利益か?

Canaccord GenuityのAppleアナリスト、Michael Walkley氏は、主要なスマートフォン・プロバイダーがどれだけ利益を上げているかを見積もっています、これは長期的にどれが成功するかがより重要だと考えています

ユニットの市場シェアは、企業が研究開発などの固定費をカバーするために十分に販売する必要があるため重要です、しかしスマートフォンがサポートしている補助的な事業がない限り、ある時点で収益を上げていない場合は、市場を終了する必要があります

Appleの世界的なiPhoneの市場シェアは、2013年から10年代半ばにかけてかなり安定しています

しかし、スマートフォン市場の利益率はずっと高くなっていて、Walkleyの2013年以降の見積もりでは

  • 2013年:62%
  • 2014年:77%
  • 2015年:90%(iPhone 6と6 Plusは2014年9月に発売)
  • 2016:83%
  • 2017年第 1四半期:83%



スポンサーリンク




上記のパーセンテージからわかるように、Appleは2015年にほぼすべての業界のスマートフォン利益を獲得しました

過去の業績は必ずしも将来の業績を示すものではありませんが、Appleは強力な粗利益を維持するという非常に良い仕事をしています
非常に忠実なユーザーベースと高い価値/高い価格戦略で、私はその利益をリードしているポジションが侵食されているようには見えません

Samsungの利益は第2位ですが利益率は2015年以降、10%台半ばです

Huaweiは第3位です、2013年から2015年にかけて減少し現在は5%です

さらに私は、すべてのこれらの企業が米国市場での牽引を得るためには非常に難しいだろうと考えています

少なくとも利益の観点からみると米国市場は最も収益性の高いものなので、米国でのAppleへの影響は大きものです

(Via Forbes.)


世界でのiPhoneの販売シェアは年々減少しています、2017年第一四半期のシェアは13.5%でした

  • 2016年12月期の米国のプレミアムスマートフォン市場でAppleのiPhoneが19%増で、全体的に8%の伸びとなった
  • ヨーロッパでは、プレミアム市場が4%伸び Appleは16%上昇

以上のように、スマートフォンのプレミアム市場でのシェアの獲得が大きく利益に貢献していると言えます


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)