Apple、米国経済に貢献する新しいウェブサイトを公開

Apple、米国経済に貢献する新しいウェブサイトを公開

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

米国で200万人の雇用

Apple、米国経済に貢献する新しいウェブサイトを公開

The numbers tell the story. Apple is one of the biggest job creators in the United States, responsible for two million jobs in all 50 states. Last year, we spent over $50 billion with more than 9,000 U.S. suppliers and manufacturers. Since we launched the App Store in 2008, U.S. developers have earned over $16 billion in App Store sales worldwide. And we’re just getting started.

アップルは米国で最大の雇用創出者の1つで、50の州すべてで200万人の雇用を担当しています

昨年、私たちは500億ドル以上を9,000社以上の米国のサプライヤーとメーカーに費やしました

2008年にApp Storeを開始して以来、米国の開発者は世界中で160億ドル以上のApp Storeでの売上を達成しています


スポンサーリンク




AppleNewSite 002

ウェブサイトはまた、州ごとの雇用創出と経済貢献による州別の内訳を提供しています

AppleNewSite 003

Our Apple employees.
Apple jobs span a wide range of roles — designers, scientists, construction, manufacturing, retail, customer support, marketing, hardware and software engineers — and their ranks continue to grow at unprecedented rates. Apple tech support call centers serve our North American customers with 13,000 representatives across the United States. And unlike with many companies, all Apple Store employees, whether full- or part-time, are eligible for the same benefits.

私達はAppleの社員

Appleの仕事は、デザイナー、科学者、建設、製造、小売、顧客サポート、マーケティング、ハードウェア、ソフトウェアエンジニアといった幅広い役割を担い、そのランクは前例のない速度で成長し続けています

アップルのテクニカルサポートコールセンターは、米国内の13,000人の代理店を抱える北米の顧客にサービスを提供しています

多くの企業とは異なり、フルタイムであれパートタイムであれ、すべてのApple Store従業員は同じメリットを受けることができます
AppleNewSite 004

(Via Apple.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)