Apple,iMacのディスプレイのヒンジが壊れ修理したユーザーに代金を払い戻し

Apple,iMacのディスプレイのヒンジが壊れ修理したユーザーに代金を払い戻し

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

2012年12月から2014年7月に出荷された一部



「Mac Rumors」によると、2012年12月から2014年7月に出荷された一部のiMac 27inch(特に2012年末から2013年後半モデル)で、ディスプレイのヒンジの問題が出ていてディスプレイの角度が固定できなくなるとのこと

ヒンジの部分のプラスチックのワッシャーの問題のようですが、壊れたような音がして角度を固定できなくなると言うもの

IMacLate2012 002

修理に$100以上かかるようで、自費で修理したユーザーに対して払い戻しをすると、アップル正規サービスプロバイダへの内部通信を送ったとのこと

まだ壊れたヒンジを持っているユーザーは、Apple StoreでのGenius Barに予定を予約したり、訪問することができ、アップル正規サービスプロバイダで自分のiMacが修理プログラムの対象であるかどうかを確認できる。

(Via Mac Rumors: Apple Mac iOS Rumors and News You Care About.)


私が思うに



私のiMac 27inchも2012年12月なのです

昨年に「3TB ハードドライブ交換プログラム」を利用したところなのですが、このディスプレイの角度を固定する問題は起こってはいませんが・・・

これが日本でもおこなわれるものなのか、現在では解っていませんので解り次第お伝えしたいと思います













LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)