Apple Watchを使って探検するためのオフラインマップ

Apple Watchを使って探検するためのオフラインマップ

Apple Watch Ultraのオフラインマップは、最初のレビューで最も多かった機能要求でした、確かにApple Mapsはまだオフライン表示にはほとんど対応していません

Apple Watchの代用品

もし本当にオフグリッドに行くのであれば、最も安全な解決策は、より多くの機能を備えたiPhoneと一緒に、参照用の古き良き紙の地図を持つことです

Apple MapsはiPhoneのオフラインマップに対応していませんが、Google Mapsでは事前に地域をダウンロードすることができます

これは手首でナビゲーションを追うほど便利ではありませんが、iPhoneには他の特典もあります

Apple Watchのオフラインマップ

Apple Watchにオフラインマップを保存して電波のないところで使うには、現在では「WorkOutDoors」というアプリが最適なソリューションです

現在、App Storeで1回限りの購入で1,000円となっています。購入する前に、このアプリでできることを、アプリの開発者である Ian Muriss 氏が次のように述べています

WorkOutDoorsは、(iPhoneの地図と同じように)完全に機能するベクターマップを表示します、この地図は、道、トレイル、トラック、ピストが含まれているため、屋外でのトレーニングに最適です


地図は、指でスムーズに移動でき、デジタルクラウンを使って拡大することができます。また、時計にオフラインで保存することができ、データ通信ができない場所でも使用することができます。地図は、標準的な地図と、等高線や坂道の陰影がついた地形図から選べます。全世界の地図が収録されています。サブスクリプションや追加料金の支払いもありません

スポンサーリンク


Apple Watch Ultraで足りない機能がクローズアップされる何年も前から、このアプリはApple Watchの機能ギャップを埋めるためにすでに使われていました

最近では、Joonas Lehtinenが関連するプロセスの公正かつ詳細な評価を提供するブログ エントリを公開しました

もうひとつの代替ソリューションは、「フットパス・ルートメーカー・地図をなぞって 距離測定」というワークアウト・トラッキング・アプリです

このアプリを使えば、「GPSトラッキングとターンバイターンのオーディオナビゲーションに完全対応し、オフラインでもApple Watchにルートを送信することができます」と、そのウェブサイトに書かれています

Eliteはサブスクリプション層で、現在月450円または年2,600円で販売されています、また、320円の単一ルートオプションもあり、加入前に7日間の無料トライアルが可能です

結論

新品のApple Watch Ultraでも、初代や新型のSEでも、Series 2以降の全モデルに内蔵されたGPSのおかげで、これらのソリューションはオフラインマップに有効です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)