Apple、Apple Watch用のwatchOS 9で拡張低電力モードを開発

Apple、Apple Watch用のwatchOS 9で拡張低電力モードを開発

Apple Watchのバッテリー駆動時間は平均1日であり、パワーリザーブモードを頻繁に使用する必要があります

パワーリザーブモードは、時計の機能をすべて無効にし、シンプルな時計だけを表示することで、充電が残り少ないときに使用可能な時間を最大化するのに役立ちます

Bloombergは、AppleがwatchOS 9でこのエクスペリエンスを大幅にアップグレードする可能性があると報じています

Bloombergの新しいレポートによると、AppleはApple Watchを文字盤の代わりに画面を持つアナログ時計にしない、新しい低電力モードを開発しているとのことです

この新しいモードでは、バッテリーに大きな負担をかけることなく、限られたスマート機能群にアクセスできるようになると報じられています

この機能は、心拍数を監視してバッテリを受動的に消費するといった機能がなくても、睡眠状態の追跡やナビゲーションにApple Watchを使用したいユーザーにとって便利です

スポンサーリンク


Apple Watchは今年、体温センサーを装備するアップグレードが可能になりそうです

報告書によると、このセンサーが直接測定値を示すために使用される可能性は低いが、受胎計画や血圧の問題の検出に役立つ可能性があると言います

またレポートでは、Apple Watchに今後、血圧モニタリングや、糖尿病患者向けの非侵襲的血糖値モニタリングといった新機能が搭載される可能性も示唆されています

近い将来、Healthアプリには、女性の健康、睡眠、フィットネス、投薬管理などの多くの新機能が追加される可能性があります

また、内蔵されているウォッチフェイスの変更も予定されていると言います

一方、血圧測定などの先進的な機能は、技術的な問題から2024年まで延期されると伝えられています

(Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)