一部のApple Watch Series 7の充電バグ、watchOS 8.4 Release Candidateで修正

一部のApple Watch Series 7の充電バグ、watchOS 8.4 Release Candidateで修正

今朝、開発者とベータテスターに配布されたwatchOS 8.4 RC(Release Candidate)は、Apple Watchの充電器がApple Watchと正しく動作しなくなる可能性のあるバグに対処しています

Apple Watch Series 7のオーナーたちが直面している充電問題の数が増えていることを報じられ、watchOS 8.3以降、サードパーティー製充電器が期待通りに機能しないという苦情が数多く寄せられていました

多くのユーザーにとって、サードパーティの充電器はApple Watch Series 7の充電を全く拒否し、また、充電器が正常に動作しているように見えても、数分後に動作を停止する問題が見られました

スポンサーリンク


多くの報告は、Amazonの手頃な価格のサードパーティ製充電器に集中していましたが、Belkinのようなブランドの高級充電器に対する苦情もありました、また、Apple独自のApple Watch充電用パックで充電の問題が発生した人もいました

AppleのwatchOS 8.4アップデートのリリースノートによると、このソフトウェアは特に一部のApple Watch充電器が動作しない原因となるバグを修正しており、watchOS 8.4がリリースされれば充電の問題は終息することが示唆されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)