Apple、2020年第4四半期に世界のスマートウォッチ市場でトップの座を獲得、Apple Watchシリーズ6とSEモデルで1,300万台を出荷

Apple、2020年第4四半期に世界のスマートウォッチ市場でトップの座を獲得、Apple Watchシリーズ6とSEモデルで1,300万台を出荷

Counterpoint Researchの市場データによると、Appleは2020年の第4四半期に「Apple Watch Series 6」と「Apple Watch SE」モデルで1,290万を出荷しました

世界的な健康危機が続いているため、市場全体ではスマートウォッチの出荷台数が昨年より減少しました、しかし、Appleの出荷台数は前年同期比で19%増加し、Appleは2019年第4四半期に第二位のスマートウォッチメーカーとなり、昨年の最終四半期には市場シェアの40%を占めて首位に立ちました
Smartwatch Q4 2020
Appleが突然市場を席巻したのは、Apple Watchの新製品 「Apple Watch SE」 の成功によるものと考えられます

スポンサーリンク


AppleはフラッグシップモデルのSeries 6と並んで、SEモデルを279ドルという低価格帯でリリースしたが、常時点灯ディスプレイやECG機能が搭載されていないこと、S6プロセッサが高速化されていることなど、いくつかの注意点があります

CounterpointのシニアアナリストであるSujeong Lim氏によると、新モデルの 「Apple Watch」 は、Samsungなどのスマートウォッチメーカーに対し、メインフラッグシップよりも安価な代替品を求める顧客向けに、同様のミッドレンジのオプションを開発するよう促す可能性が高いと述べています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)