Apple、「Apple Watch Series 5」「Apple Watch SE」の無料修理を提供

Apple、「Apple Watch Series 5」「Apple Watch SE」の無料修理を提供

Appleは、watchOS7.2または7.3を実行しているAppleWatch Series5またはAppleWatch SEモデルの「ごく少数の顧客」が、省電力モードに入った後にApple Watchが充電されないという問題に遭遇する可能性があることを認めました

Appleは本日、省電力モードに入ると充電されなくなっていた問題が修正された「watchOS 7.3.1」正式版をリリースました

ただし、影響を受けたApple Watchを使用しているユーザーは、サポートを受けるためにAppleWatchをAppleに持ち込む必要がある場合があります
AW 5 SE 00001

Apple Watchがバグの影響を受けているかどうかを確認するために、Appleはウェアラブルを充電器に置いたままにして少なくとも30分待つように言っています、Watchが充電されない場合、会社は顧客にAppleサポートに連絡するようにアドバイスします

スポンサーリンク


Appleは、サポート文書「Apple Watch Series 5 や Apple Watch SE が省電力モードになり、充電されない場合」の中で次のように述べています

Apple Watch でこの問題が起きたときの対処法
お使いの Apple Watch でこの問題が起きているかどうかを確かめるには、ふだん使っている充電器の上に Apple Watch を置いて 30 分以上待ちます。
それでも Apple Watch が充電されない場合は、Apple サポートにお問い合わせください。無償の配送修理を手配いたします。修理サービスに際しては、事前に Apple Watch をお調べし、無償修理の対象となるかどうかを判定いたします。

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)