Apple Japan、Apple Watch Series 6 の血中酸素ウェルネス Appのサポート文書を公開、新型コロナウイルス感染症を検知できる?

Apple Japan、Apple Watch Series 6 の血中酸素ウェルネス Appのサポート文書を公開、新型コロナウイルス感染症を検知できる?

Apple Japanは、Apple Watch Series 6に搭載されている、血中酸素濃度機能を利用した血中酸素ウェルネス Appのサポート文書「Apple Watch Series 6 の血中酸素ウェルネス App で、血中に取り込まれた酸素のレベルを測定する」を公開しています

Blood Oxygen 00002 z

このサポート文書は以下の項目について説明されています

  • 血中に取り込まれた酸素のレベルとは
  • 血中酸素ウェルネス App の使い方
  • Blood Oxygen 00003 z

  • バックグラウンド測定について
  • 血中酸素ウェルネス App のしくみ
  • ベストな測定結果を得るためのヒント

スポンサーリンク

新型コロナウイルス感染症を検知できる?

Blood Oxygen 00004 z
WIREDによると…

米国の有名な総合病院であるメイヨー・クリニックによると、標準とされる血中酸素濃度は95〜100%で、90%を下回ると低酸素状態だと診断されることになる
ところが、新型コロナウイルス感染症による肺炎の患者においては、血中酸素濃度が50%と著しく低くても、低酸素血症に特有の息苦しさを患者が感じない事例が報告されている


新型コロナウイルス感染症による肺炎のほかにも、その他の肺感染症やぜんそく、慢性閉塞性肺疾患(COPD)で血中酸素濃度が低下することが知られている。新型コロナウイルス感染症への感染を診断するには、やはりPCR検査などが必要になる


それでも、肺や心臓にまつわる重症化の兆候を15秒でキャッチできるツールとしては、おおいに役立つだろう。将来的には、新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染が疑われる患者の早期発見や隔離、治療などに役立つ可能性はゼロではない。今後、Apple Watchで取得できるその他の指標やユーザーの自覚症状と、新型コロナウイルス感染症との関連性についてのデータが蓄積されれば、感染をアルゴリズムによって判定できる日が訪れるかもしれない

この血中酸素濃度機能は、心電図(ECG)機能と違って日本でもすぐに利用できるので、これからの展開を期待したいものです











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)