Apple Watch Series 6は、U1チップを搭載した最初の製品

Apple Watch Series 6は、U1チップを搭載した最初の製品

Appleが今日発表したApple Watch Series 6は、新色、血中酸素濃度センサー、高速プロセッサーを備えています

また、Appleは、Series 6モデルにも昨年iPhone 11で導入されたのと同じU1チップが搭載されていることに簡単に言及しました

U1チップは、正確な位置と空間認識を提供するウルトラワイドバンド(UWB)無線として知られている測位技術を使用しているため、U1を搭載したデバイスは、同じ部屋の他のデバイスとの相対的な正確な位置を検出することができます

iPhone 11 は現在、このシステムを使ってAirDropを強化しており、最も近いデバイスを検出して、共有オプションで最初に表示することができます、Appleは初めてU1チップをApple Watchに拡張することで、さらに野心的な計画を立てています

スポンサーリンク

AirDropに加えて、新しい車のキー機能は、iPhone 11で発見された新しいU1チップの恩恵を受けることになり、今ではApple Watch Series 6にも搭載されています

車のキー機能を使えば、ドライバーはNFCを使って物理的なキーをiPhoneやApple Watchと交換できます、U 1チップのおかげで、iPhoneをポケットから取り出したり、手首を上げてドアを開けたり、車を始動したりする必要さえありません

今後のAirTagsの噂では、AppleもU1チップを使って、オフラインでもこれらのデバイスの正確な位置情報を提供することが期待されています

AirTagsは、AppleのFind Myネットワークを使って追跡するために、バックパックや車のようなあらゆる物体に取り付けることができる小さなタグになると考えられています

また、開発者が近くにあるiPhoneの位置を取得し、ユーザー同士の新しいインタラクティブな体験を可能にする「NearbyInteraction」というフレームワークも発表されています

Appleからは何も言及されていませんが、このフレームワークは将来のアップデートでwatchOSに追加される可能性があります

これらの機能はまだ発表されていませんが、AppleがApple WatchにU1チップを追加したのは、より大きな目的のためであることは間違いありません

ただ、Apple Watch Series 6のみがU1チップを搭載しており、同時に発表されたApple Watch SEには搭載されていません

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)