Apple Watch、スマートウォッチやフィットネストラッカーのプライバシー保護でトップを獲得

Apple Watch、スマートウォッチやフィットネストラッカーのプライバシー保護でトップを獲得

ユーザーのプライバシーを保護

Human Data Commons財団が発表した最新のレポート「2019 Quantified Self Report Card」は、スマートウォッチとフィットネストラッカーの大手メーカー18社の条件とプライバシーポリシーを確認しました

レポートは、法的権利、データの収集と共有、データアクセス、およびセキュリティに関して企業を評価しました

Quantified Self Report 00001 z

レポートは1位でAppleをランク付けしました

2位は、SuuntoとTomTom 続いてXiaomi、Huaweiが続いています、Fitbit と Google の Wear OSは7位と8位、Samsungが17位でMoovが最下位となっています

スポンサーリンク


レポートは、フィットネストラッカーとスマートウォッチを使用している人々について収集されたデータを企業が使用する驚くべき方法を強調しています

フィットネスデータとソーシャルメディアやその他の情報源からの情報を組み合わせることで、多くの企業がユーザーのマーケティングプロファイルを作成していることがわかりました

一部の企業は保険会社と提携し、フィットネスデータを共有しています、また企業が犯罪捜査で警察と情報を共有することが判明しました

「2019 Quantified Self Report Card」は、Human Data Commons財団からの3回目の年次報告書です

Human Data Commons財団は非営利団体であり、ハイテクセクターに刺激を与え、市民がより公平で持続可能なデジタルの未来を構築できるよう支援することを目的としています

(Source 2019 Quantified Self Report Card , Via Mac Daily News.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)