2019年第1四半期、スマートウォッチの売上は48%増加しApple Watchが36%を占める

2019年第1四半期、スマートウォッチの売上は48%増加しApple Watchが36%を占める

CounterpointのGlobal Smartwatch Trackerの最新の調査によると、2019年第1四半期のグローバルスマートウォッチの出荷台数は、 Apple 、Samsung、 Fitbit 、およびHuaweiに牽引され、前年同期比48%増となりました

Apple Watchは前四半期に世界で最も人気のあるスマートウォッチであり、1 – 3月の市場シェアは35.8%と推定され、前四半期に出荷された3台のスマートウォッチに1つはApple Watchでした
Apple Watch 2019Q2 00001
Apple Watchの出荷台数は前年同期比で49%増加したが、具体的な数字は示されていません

AppleはApple Watchの売上を明らかにしたことは一度もありませんが、その「ウェアラブル、ホーム、アクセサリー」カテゴリーは最新の3月四半期の売上高を51億ドルとしています

スポンサーリンク


Counterpoint ResearchのSatyajit Sinha氏は、市場の大きな変化についてコメントして、次のように述べています

Apple Watchの出荷台数は、iPhoneの需要が低調であったにもかかわらず、前年比49%増と堅調に伸びました
Appleは、 Apple Watch Series 4の ECGや転倒検知などの健康関連機能に引き続き焦点を当てています
最新のConsumer Lensの調査によると、Apple WatchのECG機能が最も望ましい機能です。 Appleは現在、香港、およびフランス、ドイツ、イタリア、スペイン、そしてイギリスを含む19の他の国の医療当局からECG機能の承認を受けています

見積もりは異なる可能性がありますが、Apple Watchが4周年を迎えてスマートウォッチ市場を支配し続けていることは明らかです

(Source Counterpoint Research , Via MacRumors.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)