watchOS 5.1.2正式版がリリースされると、Apple Watch Series 4で心電図(ECG)が可能に

watchOS 5.1.2正式版がリリースされると、Apple Watch Series 4で心電図(ECG)が可能に

心電図(ECG)

本日の各システムアップデートに「watchOS 5.1.2正式版」は含まれていませんでした

かねてから「watchOS 5.1.2」がリリースされると心電図(ECG)が可能になると言われていました

本日「iOS 12.1.1」にアップデートした後にアプリ「ヘルスケア」を起動すると、『“ヘルスケア”と“アクティビティ”の改善にご協力いただけます か?』と表示されました
ECG 00002

スポンサーリンク


これには次のように記載されていました

アクティビティ、ワークアウ卜、ヘルスケ ア関連のデータ(例:身体活動レベル、お およその位置情報、心臓関連の測定結果、 心電図の分類など)を共有することで、へ ルスケアおよびフィットネス機能の向上に ご協力いただけますか? データには個人を特定できるような情報は 含まれません。“設定”でいつでも共有を停 止することができます。

ここには『心電図の分類など』と明記されているので、Apple Watch Series 4のユーザは「watchOS 5.1.2」の正式版がリリースされるとECG機能が利用可能となると思われます

Apple Watch ECGの制限はソフトウェアベースであるということで、ソフトウェアと比較してハードウェアの制限が本質的に回避されます

この場合、地域に基づいて、サポートされていない国でApple Newsなどの他の機能を使用できるように、iPhoneやApple Watchの地域を変更することで、ユーザーは機能にアクセスできます

この場合、米国地域に設定すれば利用出来る可能性があります、地域の設定を変更するには「設定」>「一般」>「言語&地域」>「地域」で「米国」を選択するだけです
ECG 00003
ただ、日本では薬機法の認可を受けていないので利用可能になるかは不明です











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)