Apple、Apple Watch Series 4の生産能力を拡大

Apple、Apple Watch Series 4の生産能力を拡大

Apple Watch Series 4の好調な売上は、Apple Watchの生産の拡大を促しました

生産を拡大

DigiTimesは、AppleのApple Watchの組立パートナーのQuantaは、生産能力のキャパをオーバーしていると言っています

このため、AppleはCompalを近くの時計の二次サプライヤとして利用し、工場での量産を11月に開始する予定だと考えています

CompalがApple Watchの製造パイプラインに持ち込まれたのは初めてのことではありません、Apple Watch Series 3の発表に先立つ報告書によると、同社は旧世代のモデルの生産を担当し、Quantaは新リリースに集中したとされます

スポンサーリンク


Apple Watch Series 4の高い需要は予想を上回り、TF SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は、今年度前に出荷予測を1,800万台から1,950万台に増やした事を報告しています

これはまた、2018年の第2四半期と比較して出荷台数が大幅に増加することを意味し、この期間の出荷は約420万台と考えられています

9月上旬、IDC Worldwide Quarterly Wearables Trackerは、2018年第2四半期にApple Watchの出荷台数が470万台に達し、Appleが市場で17%のシェアを獲得し、世界で最も人気のあるウェアラブル企業となってると報告しています

(Via appleinsider.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)