Apple Watch、コンプリケーションがグレーアウトした時の対処方法

Apple Watch、コンプリケーションがグレーアウトした時の対処方法

コンプリケーションがグレーアウト

Apple Watchをソフトウェア・アップデートした後に起こりました、この様に最下段の中央の「アクティビティ」がグレーアウトして表示されてしまいました

Complication 001a z

この状態になった時は、Apple WatchでMacの「システム環境設定」>「セキュリティとプライバシー」>「一般」で「Apple WatcでこのMacのロックを解除出来るようにする」にチェックが入っているにも関わらず、ロックが解除出来ませんでした

スポンサーリンク

対処方法

  1. iPhoneの「Watch」アプリの「コンプリケーション」から削除します
  2. Apple Watchから該当アプリを削除します
  3. Complication 004

  4. iPhoneとApple Watchを共に再起動します
  5. iPhoneの「Watch」アプリの「マイウォッチ」の「利用可能なAPP」の項目から「インストール」をタップします
  6. iPhoneの「Watch」アプリの「コンプリケーション」で追加します
  7. Apple Watchでカスタマイズからもう一度コンプリケーションに登録します

「 4 」でインストールをタップしても回転アイコンがぐるぐる回るだけでインストール出来ない場合は、Apple Watchを再度、再起動します
私の場合、3度再起動が必要な時がありました

インストール出来ると、コンプリケーションにも表示出来るようになり、Macのロックも解除出来るようになります

原因

実際に何が問題なのか?解っていません

コンプリケーションに表示出来なくなっている時、アプリのインストールが出来ない状態の時共に、iPhoneとのペアリング表示はされていますし、Apple WatchにもiPhoneとの切断表示の赤いiPhoneのアイコンは表示されません

ただ、アプリがインストール出来ないと言うこと、Macが解除出来ないと言うことは、おそらくApple WatchでWi-Fiのトラブルが起きているのではないかと思われます

では、では・・・

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)