Apple Watch、命に関わる病気の10代の人生を救う

Apple Watch、命に関わる病気の10代の人生を救う

Apple Watchesを購入する人が増えれば、ウェアラブル機器が誰かの人生を救ってくれたことについて、もっと多くの話を聞くことができます

Apple Watchの警告

Apple Watchは心拍数が毎分190ビートの18歳の女性に、すぐに助けを求めなければならないと警告しました

Deanna Recktenwaldさんは、慢性腎臓病に苦しんでいることが判明しました、この病気は他の症状を示しませんでした
Apple Watchの心拍数監視機能は、Deannaさんと彼女の家族に何処かに異常があることを警告しました

「何が起こっているのか分かりませんでした。それはちょうど青の外でした」と彼女はWFTSに語っています

18歳の彼女の休息中の心拍数が毎分190回に達したことを知らせる警告が出現した

「腕時計が私たちに医学的な注意を喚起していると警告していたことは驚きでした、私には、それが私たちに警告を与える能力を持っているかどうか分からなかった」とDeannaさんの母であるStacey Recktenwald氏は語っています

Stacey Recktenwaldは登録された看護士であり、当初は時計の読みの正確さに疑問をいだいていました

スポンサーリンク


クリニックのスタッフが、10代のDeannaさんの急な鼓動を確認しまし、私は驚いた、それは正しかった」と母親は語っています

彼女を緊急治療室に突入させた後、タンパの総合病院の医師は、すぐにDeannaさんが慢性腎疾患に罹患していることを発見しました

両方の腎臓は明らかにわずか20%しか作動しておらず、将来の移植が必要になるかもしれません、しかし彼女のそのことがわかっているので、彼女の状態を監視することが出来ます

Deannaさんは、クリスマスプレゼントとしてApple Watchを貰いました、彼女の母親はAppleに娘の命を救ってくれたことの感謝の気持ちを手紙に書きました

Apple CEOのTim Cook氏は、話を分かち合うために家族に感謝して答えました

(Via BGR , WFTS)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)