Apple Vision Proのmicro OLEDディスプレイのジレンマ: 解決策のために中国に目を向ける?

Apple Vision Proのmicro OLEDディスプレイのジレンマ: 解決策のために中国に目を向ける?

Appleは、Apple Vision Proのディスプレイ供給に問題を抱えているようです。そのため、解決策を求めて中国のベンダーに目を向けています。Apple Vision Proのディスプレイの高度な設計と大量生産の難しさから、Appleは2024年の注文を減少させたと言われています。

Sonyも、これらのスクリーンの生産を増やすことを拒否したと報じられています。

The Informationの報道によれば、Appleは現在、2つの新しい会社が製造したVision Proのディスプレイを評価中です。SeeYa Technologyという会社は新しい供給業者として名前が挙がっています。もう一方のBOEは、AppleとiPhoneのディスプレイでの長い取引歴があります。過去の取引は必ずしも順調ではありませんでしたが、2023年にはAppleからの注文が増加しているとのことです。


関係者によれば、これらの新しいサプライヤーの追加は、AppleのVision Proの注文がすぐに増加することを意味しないかもしれません。

情報源は、BOEとSeeYaの両方が将来のVision Proモデルのために検討されていることをThe Informationに示唆しています。さらに、Appleはこれらの2つの企業の能力を評価しており、今後のVision Proモデルと、内部的にはN109として知られる別の低コストのヘッドセットのディスプレイを供給するためのものです。

現在のVision Proモデルは、大量生産に課題を持つmicro OLED技術を採用しています。重要な発展として、中国政府はBOEとSeeYaの両方を支援し、micro OLED製造への彼らの投資を促進しています。特に、BOEは7億5,000万ドルの巨額の投資を確保しました。

SeeYa Technologyは、2016年にmicro OLEDスクリーンの製造を目的として設立されました。当初の目標は、2020年までに年間2,000万枚のディスプレイを生産することで、そのために2億7,500万ドルを投資していました。中国政府からの投資の詳細や、SeeYa Technologyがその目標を達成したかどうかは不明です。


ディスプレイの供給業者として選ばれるためには、BOEとSeeYaはAppleの厳格な品質検査を受ける必要があります。

BOEは過去にも品質検査を受けていますが、許可されていないデザイン変更を行った後、iPhoneのスクリーンの生産を停止されたことがあります。

(Via Apple Insider.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)