秋には新しいiPhoneの争奪戦が展開か?2017年、AMOLEDが供給不足で使用出来るのはサムスン電子とAppleのみになるかも

スポンサードリンク

秋には新しいiPhoneの争奪戦が展開か?2017年、AMOLEDが供給不足で使用出来るのはサムスン電子とAppleのみになるかも

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

供給不足になるAMOLED



有機EL(OLED)パネルの一種 AMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)において、サムスン電子を中心とした2017〜2018年のOLEDパネルの世界生産量の約70%はサムスン電子とアップルが消費するため、他のスマートフォンベンダーへのOLEDパネルの供給が制限されていると伝えています

他のOLEDパネルのサプライヤーの中でも、LGディスプレイは2018年に製品の出荷を開始する見込みであり、中国のBOEテクノロジーは2020年までOLEDパネルを出荷できない可能性があります


スポンサードリンク




Appleは、2017年にSamsung Displayから7,500万本のOLEDパネルを受け取り、OLEDパネル生産量の14%を占めると見込まれており、サムスン電子は社内生産のおかげで56%を占めることとなり両社で70%を占めます

また、中国のベンダーOppoとVivoは、2017年に世界のOLEDパネル生産量のそれぞれ13%と10%を確保すると見込まれている

(Via Digitimes.)


この情報からいけば2017年の生産量をサムスン電子、Apple、Oppo、Vivoで93%を占めることとなり、たのメーカーではAMOLEDを使用したスマートフォンを生産出来ないことになります

供給が少なければ、AMOLEDを使用すると言われる iPhone 8の供給不足による出荷の遅れなどが十分考えられると思います

秋には、AMOLEDを使用した新しいiPhoneの争奪戦がおこなわれると予想されます


では、では・・・


スポンサードリンク

関連記事



【 ご案内 】

記事をごらん頂き、ありがとうございます。
もし、当ブログを気に入っていただけましたらRSSのご購読やTwitterでも、お願いしますm(_ _)m。

follow us in feedly

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK