iPadのがん検診アプリは、医療検診を根底から覆す可能性が在ります

iPadのがん検診アプリは、医療検診を根底から覆す可能性が在ります

がん検診

結腸がんは、米国におけるがん死亡の第2位の原因です、早期検診は死亡率を劇的に減少させる可能性があります、しかしながら毎年、最も罹患しやすい年齢層に属するアメリカ人の3分の1以上が未検診です

ノースカロライナ州ウィンストンセーラムのウェイクフォレストバプテストメディカルセンターの研究者は、患者を教育し、登録手続きを簡素化するために結腸がん検診アプリを作成しました

調査の主任著者であるDavid P. Miller博士は、「検査に関する患者の否定的な態度や、忙しい医師の乏しい時間に対する検診と競合する要求に対する認識の欠如を含む、検診率の低下には多くの障壁が存在している」と言っています

理想的な世界では、医師は患者との検診の必要性について話し合い、利用可能なオプションを知らせ、決定を下してから検査を予約する必要があります
これには時間がかかります、患者が調査する必要がある他の懸念がある場合は、医師が管理できないかもしれません

スポンサーリンク

結腸がん検診アプリ

mPATH-CRC(Health-CRCのためのモバイル患者技術)iPadアプリは、検診の必要性を患者に通知し、検診の決定を下すのを助け、検診を「自己注文」し、自動化された電子メッセージを送信して完了します

結腸がん検診アプリは、根底から覆すような可能性があります
他のいくつかの、より臨床的に疑わしい「がん検診」アプリケーションとは異なり、モルモットの写真をスナップしてがん性であるかどうかを確認できるため、mPATH-CRCはすべての作業自体を行うわけではありません

代わりに、大腸内視鏡検査や糞便検査などのさまざまな種類の検診に関する情報を提示し、患者が望む検査を注文できる教育用アプリです

医療検診ツールを提供することで、根底から覆すようになる可能性があります
ウェイクフォレストバプテストメディカルセンターの研究では、研究者は、結腸がん検診の対象となったプライマリケアの450人の患者を登録しました

参加者は、iPadアプリを使用するか、通常のケアを受けるように無作為に割り当てられ、各グループの約半分が参加しました

このアプリを使用した患者は、通常のケアグループ(それぞれ、30%対15%)の患者と比較して、検診を受ける可能性が2倍高かった。アプリを使用した人の半分も自分の検診を注文しました

この研究に関する研究は、Journal of Internal Medicine誌に最近掲載されました
このアプリが一般のメンバーに公開される時期はまだ不明です

(Via Cult of Mac.)


私も、結腸がんではないですがすい臓がんで余命宣告を受けた経験が在り、早期発見がいかに大切かを知っているつもりです

検診を受ける障壁が低くなれば、早期発見に繋がるため、こんな素晴らしいことはないと思います


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)