需要が高まる中、ChatGPTがダウン、Plusサブスクリプションが停止、プレミアムユーザーが不満

需要が高まる中、ChatGPTがダウン、Plusサブスクリプションが停止、プレミアムユーザーが不満

ChatGPTがダウンしており、プレミアムPlusサービスへのサブスクリプションもOpenAIが「需要が高すぎる」と苦戦しているため、一時的に停止されたようです

プレミアムサービスは、1か月に20ドルで利用可能で、使用できる特典もあります、例えば、ログインが一時停止されるピーク時にもChatGPTを使用できたり、最新で最も高度なモデルであるGPT4にアクセスできたりします

OpenAIのステータスページによると、太平洋時間 3月20日の10時前後(日本時間:3月21日午前2時)からChatGPTがダウンしているとのことです。同社は、「利用可能な容量の意図しない減少」が原因であると調査しています

最新のアップデートによると、容量は他の領域に追加されており、初期の容量減少の原因を調査している最中です


サービスの停止は、ChatGPTのプレミアムユーザーから不評を買っています、多くの人々が、TwitterやRedditなどのソーシャルメディアサイトで、ダウンタイムやサービスにアクセスできないことに対して不満を述べ、一部は払い戻しや何らかの補償を求めています

ChatGPT Down 02

ただ、プレミアムサブスクリプションに関する現在の問題は、ChatGPTがプレミアムユーザーにGPT4へのアクセスを制限したことから予想されていました、高度なモデルからの応答が遅いため、一部のユーザーはストレスを感じており、ChatGPTはプレミアムサブスクライバーがGPT4を使用できる回数を制限するようになりました

最初は4時間ごとにGPT4と100回コミュニケーションできましたが、すぐに50回に縮小され、今週中にはさらに回数が減らされるとのことです

この問題はChatGPTだけでなく、OpenAIの他の製品にも影響を与えているようです。例えば、AI画像ツールのDall-Eもサーバーの容量がいっぱいで苦戦しています

ChatGPT Down 03


「Plus」メンバーの一部は、新しいチャットに使用されるURLに直接アクセスすることでログインページを通過できますが、自分の履歴を見たり、メッセージをクリックしたりすることができません

ChatGPT Down 04

また、ページはPlusサブスクリプションを持っていることを認識しません、興味深いことに、サインアップボタンをクリックし、アップグレードリンクにカーソルを合わせると、アップグレードPlusサブスクリプションが一時的に停止されているというメッセージが表示されます

容量の問題は、言語モデルなど、さまざまな製品に影響を与えており、OpenAIはこの問題を解決するために努力しています

現在、OpenAIはプレミアムアカウントの停止に関する声明を発表していませんが、同社は自社のフラッグシップ製品を安定させるために少し休憩を取る可能性があると言われています

(Via Slash Gear.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)