大企業による9,500万ドルの支出により、米国の反トラスト法案が敗北の瀬戸際に

大企業による9,500万ドルの支出により、米国の反トラスト法案が敗北の瀬戸際に

米国議会の一部が推進する、国内最大手のインターネット企業を抑制することを主張する法案、いわゆる「米国革新・オンライン選択法」が、中間選挙を前にして主要法案の通過に時間がなくなり、敗北の瀬戸際に立たされています

約2年の戦いを経て、11月の中間選挙前の最後の期間のために今週上院が最終段階に戻るため、法案は今、重要な節目にあります、法案の支持者は、必要な票を獲得していると断言しているが、実際に支持されているかどうかは不明であり、上院は他の必須の歳出法案で忙しくなるだろう

法案の勢いが鈍化しているという見方は、政策専門家、ロビイスト、議会の補佐官や支持者を含む20数名の賛成派と反対派との話し合いに基づいています、あるヒルのスタッフの一人は、「勝つか負けるかの瀬戸際」と表現しています

大手ハイテク企業を代表するComputer&Communications Industry AssociationのプレジデントMatt Schruers氏は、「この法案の支持者に十分な票があれば、法案ではなく、法律になるだろう。」と述べています

スポンサーリンク


失敗すれば、シリコンバレーが人々の生活を支配しすぎていると主張する政治家、活動家、規制当局にとって後退となり、また、この法案がプライバシーを弱め、国家安全保障を脅かし、消費者が享受する製品を劣化させると主張してきたビッグテックにとっては、大勝利となるでしょう

反トラスト法改革によってハイテク大手の影響力の排除は、今議会では共和党と民主党の両方から支持されていましたが、来年の下院では共和党が多数を占めると見られており、インターネットのプラットフォームが保守的な視点を押し殺しているという疑惑に焦点が当てられると予想されています

だからこそ、テック業界のロビイストたちは時間稼ぎをしています、共和党のトップ、カリフォルニアのKevin McCarthyは共和党の多数派の下で下院議長になろうとしているが、これまで公に反トラスト法案に反対してきました

スポンサーリンク


この法案は上院で 13人の共同提案者を抱えており、上院で可決されて下院に送られるには 60票が必要です

Yelp Inc. の公共政策責任者で、長年 Googleに批判的だった Luther Lowe氏などの支持者は、この法案が議場に上がれば、十分な未定の議員が賛成票を投じるだろうと主張しています

それでも、法制化への道のりは容易ではありません。 議会は、次の会計年度が10月1日に始まる前に、9月に政府に資金を提供する必要があります

Amazon、Google、Facebookを会員に持つ業界団体Consumer Technology Associationの政府関係担当上級副社長であるMichael Petricone氏は、「議題に上がることはないだろう、選挙が近いので、上院議員は有権者に人気のある問題に集中して取り組むと思います、技術規制はそのような問題ではありません」と述べました

(Via Bloomberg.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)