Twitter、12月に非アクティブなアカウントを削除し、ユーザー名を解放

Twitter、12月に非アクティブなアカウントを削除し、ユーザー名を解放

非アクティブアカウント

Twitterは、非アクティブなアカウントの所有者に警告を送信するメールを送信しています

メールは、12月11日までにアカウントにサインインしないと、アカウントが完全に削除され、ユーザー名が一般に公開されることをユーザーに警告します

Twitterのスポークスマンは

一般の会話を提供するという取り組みの一環として、より正確で信頼できる情報を提供するために、非アクティブなアカウントのクリーンアップに取り組んでいます。この取り組みの一環として、非アクティブなアカウントポリシーに記載されているように、アカウントを登録する際にTwitterに積極的にログインして使用するように奨励しています


私たちは、長期間の非アクティブな状態が原因でアカウントが永久に削除される可能性があることを知らせるために、6ヶ月以上Twitterにログインしていない多くのアカウントに対して積極的な削除を開始しました

スポンサーリンク


Twitterは、削除されたユーザー名が既存のユーザーに提供される時期をまだ正確に明らかにしていいません

広報担当者によると、アカウントの削除プロセスは「1日だけでなく、何ヶ月にもわたって起こるだろう」と言います

なので12月12日に大規模なユーザー名削除が実行されるのではなく、しばらく時間がかかるかもしれません

これは、Twitterを放棄した人々に影響を与えるだけではありません、故人に属するアカウントに大きな影響を与えることもあります

The Vergeに対してTwitterは、「誰かのTwitterアカウントが一度渡されると、それを追悼する方法は現在ないが、チームはこれを行う方法を考えている」と述べています

Twitterのヘルプでは、現状は削除できるのは本人と死去後に権限のある遺産管理人または故人の家族が削除を依頼できるとなっています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)