Bluetooth LEメッシュネットワークがAppleのHomeKitなどを革新する

Bluetooth LEメッシュネットワークがAppleのHomeKitなどを革新する

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

メッシュネットワークとは

Bluetooth Special Interest Group(SIG)は、無線通信技術の仕様を更新し、メッシュネットワークを追加してBluetooth LEデバイス同士がより簡単に通信できるようにしました

Bluetooth LEメッシュは、基本的なポイントツーポイント無線接続に頼るのではなく、デバイスのネットワーク間でデータをバウンスすることで動作します
HomeKit0719 002
本質的に、これは接続の範囲を数百フィートから潜在的に都市全体に広げることができます

ホームオートメーションアプリケーションでは、Bluetoothメッシュは、家庭内の事実上、デッドスポットまたは範囲外の領域が存在しない、よりシームレスなネットワークを可能にする可能性があります

さらに、壁や他の表面の周りを跳ね返るためにネットワークを活用することで、ワイヤレス信号への障害の影響を緩和することができます


スポンサーリンク



Bluetooth LEメッシュの利点

Wi-Fiと比較して、Bluetooth LEはかなり低い帯域幅ですが、現在ははるかにエネルギー効率が良く、しばしばより信頼性の高い接続を提供します、そのため家庭の消費者にとって特に魅力的です
特に、デバイスが少量のデータを送受信する必要がある場合に適しています

Bluetooth LEメッシュはネットワーク経由で送信されるすべての通信を暗号化します、さらにデータは3種類のキーを使用して認証されるため、機密データの取り扱いを心配している人々にとって、より安全で理想的です

SIGは、現在、Bluetooth 4.0または5.0をサポートしているデバイスは、メッシュネットワークとファームウェアパッチを使用することができると述べています

これは、iPhone 5と同じくらい古いAppleデバイスが新しい機能をサポートすることを意味します

メーカーが新しいBluetooth規格を採用するには約6ヶ月かかりますが、メッシュネットワーキングは新しいハードウェアを必要としないため、早急に導入することができます

さらに、Appleは歴史的に新しいBluetooth技術を早期に採用していますので、同社製品のユーザーが最初に利用できる可能性があることを意味します

画像元:e.x.press
(Via iDrop News.)


HomeKitは主にWi-Fiに依存していますが、Bluetoothはさまざまなアプリケーションにも使用されています
Bluetooth LEメッシュネットワーキングは、範囲拡張ハブを使用せずに家全体をホームキットデバイスと接続する事ができるようになると言うことになります

Bluetooth LEメッシュがAppleのHomeKitやHomePodにとってより魅力的になり、追い風になるものと思われます


では、では・・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)