iOS 12.1.1でiPhone XRは、Haptic Touchで通知が提供される

iOS 12.1.1でiPhone XRは、Haptic Touchで通知が提供される

Haptic Touch

iPhone XSとiPhone XRの違いの1つは、iPhone XRで3D Touchのサポートが不足していることです

これは、iPhoneの画面を少し強く押して、特定のショートカットにアクセスしたり、リンクを「見る」などの機能です

Appleは「Haptic Touch」で、多くの3D Touch機能の代替ジェスチャーを導入しました、これは、スペースバーを押してキーボードトラックパッドモードを有効にするか、ロックスクリーントーチボタンを長押しするなど、通常の長押しのジェスチャーと触覚フィードバックを組み合わせます

Appleは、iPhone XRの欠点である通知を表示するアフォーダンスの欠如を、 iOS 12.1.1 Beta 2で解決しています

PeekやPopのような3D Touchの機能の中には、異なるレベルの圧力に頼っているため、iPhone XRでサポートされる可能性はほとんどありません

スポンサーリンク


リッチコンテンツとアクションボタンを表示するために通知を押すと、さまざまなレベルの力に反応しないので力が検出されたときに開くだけです

iPhone XRでは、iOS 12.1.1ベータ版では長いプレスで代用しています、詳細を表示するには通知バナーを長押しします

Haptic Touchと3D Touchの唯一の違いは、システムが応答するのにかかる時間です、3D Touch対応デバイスは、力の増加を検出すると即座に応答することができますが、タップやスクロールのような異なるタッチ操作の途中でユーザーが画面を長押ししているかどうかを確認するためにシステムは待機する必要があります

リッチコンテンツプレゼンテーションに関連付けられている通知を展開すると、次のようになります
Haptic Touch 00001 z

(Via 9to5Mac.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)