IDCは、iPhoneの販売台数が、2018年に2.1%増の2億2,040万台と予測

IDCは、iPhoneの販売台数が、2018年に2.1%増の2億2,040万台と予測

2018年全体では減少もiPhoneは増加

International Data Corporation(IDC)は、世界的なスマートフォンの市場規模が2018年に再び縮小すると予測し、出荷台数は2017年の14億6,500万台から2018年には0.7%減の14億5,500万台になる見込みです

IDCは、スマートフォン市場が2017年の後半に比べて1.1%増加し、2018年の後半にはプラスの成長に戻ると考えています

長期予測では、スマートフォン全体の市場規模は2022年に16億6,600万台に達すると予測しています

iPhoneの販売台数は、2018年に2.1%増の2億2,040万台に達すると見込まれています。 IDCはAppleのiPhoneが5年間の年平均成長率2.0%で成長し、2022年には2億3,850万に達すると予測しています

スポンサーリンク


2018年の後半に発売される大画面iOSスマートフォンの登場により、IDC は、iOS 用の6インチのサブ7インチの画面サイズの予測に大きなボリュームをシフトしています

製品は、第3四半期に出荷を開始し、2018年の第4四半期にランプアップする予定で、ボリュームが2022年によって出荷されたすべての iphone の半分を占めるように成長すると予測

全体的に、世界のスマートフォン市場は順調であり、予測の成長への復帰によって指摘されている多くの上昇があります

機器の種類別に見ると、5.5型以上の大画面スマートフォンでは、2018年に9億4,160万台となり、全スマートフォンの64.7%を占め、2017年の6億2320万台から増加することは明らかです
2022年までに、これらの大画面スマートフォンの出荷台数は13億9100万台(出荷台数の84.5%)に増加すると予測

業界では、ワイドスクリーンの視野角をサポートするために、より大きいスクリーンが必要とされる18:9またはそれに近いアスペクト比に移行しています

2018年第2四半期(Q2)までに、16:9のスマートフォンが17.5:9のアスペクト比(またはそれ以上)で初めて追い抜かれました

今秋、新しいiPhoneモデルが登場すると予想され、そのうち2つは6インチ以上になり、2018年後半に出荷可能となり、これらの重要なディスプレイトレンドを推進するもう一つの触媒となります

(Via AppleWorld.Today.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)