iPhone 12 Proの強い需要がAppleを驚かせる

iPhone 12 Proの強い需要がAppleを驚かせる

AppleのアナリストMing-Chi Kuo氏は最近、「iPhone 12 Pro」の需要が予想を上回っていると示唆していましたが、これは新たなサプライチェーン報告によって裏付けられています

報道によると、AppleはiPhone 12 Proの需要は標準モデルのiPhone 12よりも低いと予想していたが、どうやらそうではないようです

Digitimesによると、AppleはiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxのみに搭載されている「LiDAR」スキャナで使用されるチップの受注を増やす用意があると言われます

iPhone 12 Proの需要は非常に好調で、メーカーからの出荷までのリードタイムを延長しなければなりませんでした

そしてAppleは、iPhone 12 Proの没入型拡張現実 (AR) スキャナLiDARをサポートするVCSELチップの注文を増やす予定です

台湾を拠点とするサプライチェーンメーカーの情報筋によると、Appleは、発売されたばかりのiPhone 12 Proで使用されるToFベースのLiDARスキャナ用のVCSELチップの受注を増やす準備を整えていると言います

スポンサーリンク


これは、Proモデルの初期注文に関するKuo氏のレポートと一致しています

iPhone 12とiPhone 12 Proの分割に関して、Kuoはより高価なモデルへの需要が予想より高いと推定しており、標準モデルの方が人気が高いと予想されていましたが、iPhone 12の予約注文の初期兆候から、需要は両者で等分されていることが示唆されています

Kuo氏によると、iPhone 12とiPhone 12 Proの合計注文数は30〜35%、iPhone 12 Pro Maxは15〜20%、iPhone 12 miniは10〜15%になると予想されます

標準モデルとProモデルの仕様上の違いが比較的少ないことを考えると、カメラ機能が需要を牽引しているように思えます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)