写真家のオースティン・マン氏がiPhone 11 Proのカメラを賞賛

写真家のオースティン・マン氏がiPhone 11 Proのカメラを賞賛

旅行写真家のオースティン・マン氏は毎年、新しいiPhoneモデルを実際に使用して実際の状況でカメラの性能をテストして来ています、今年はAppleの新しいiPhone 11 Proをテストするために、中国に旅行して写真を撮り公開しています

オースティン・マン氏は、望遠レンズ、広角レンズ、超広角レンズを備えた新しい3レンズカメラシステム、更新されたSmart HDR、および超低光量用に設計された新しいナイトモードをテストしました

超広角レンズ

Austin Mann iPhone 11 00001 z

広角レンズは、最高のシャッター範囲、絞り、オートフォーカスシステム、ISOを備えた最高のレンズですが、マン氏は、超広角カメラは「通常の照明条件でも非常に優れた動作をする」と言います、しかし、それは低光量の理想的なレンズではありません

Ultra Wideは通常の照明条件で非常に優れた機能を発揮し、全体としては満足していますが、屋内に移動したり夕方に撮影したりすると違いを感じるでしょう。画像はワイドよりも柔らかく、夜間モードがないと、光の制限に応じてワイドに戻るように誘惑(または強制)されます

スポンサーリンク

ナイトモード

ナイトモードは、照明が不十分な状況で自動的にアクティブになるため、「クレイジーパワフル」で使いやすいとマン氏は言います

また、ナイトモードのバランスをとるAppleの取り組みを賞賛し、夜間のショットが細部を維持しながら昼間のショットのように見えないようにしました

Austin Mann iPhone 11 00003 z

Austin Mann iPhone 11 00005 z

オースティン・マン氏によると、2012年にiPhone 5にパノラマモードが導入されて以来、iPhoneで見た「最も劇的な飛躍」はナイトモードで、これは久しぶりに画像を見て、 「すごい、これをiPhoneで撮ったなんて信じられない」と彼は書いています

スポンサーリンク


iPhone 11と11 Proは写真を撮るときに表示されるシーンの多くを可能にする新しい「フレーム外の撮影」機能を持っています

強調表示されていませんが、たとえば、iPhoneの広角レンズを使用して写真を撮影する場合、超広角レンズを使用して写真を撮影し、ユーザーは後で写真をどのようにフレーミングするかを決定できます

Austin Mann iPhone 11 00006 z
マン氏は、この機能は気に入っているものの、フレームの外にあるもののプレビューは好きではなかったと言いました。しかし、ほとんどの場合、彼はそれを新しい編集の可能性を誘う「素晴らしい機能」と言っています

詳細は、オースティン・マン氏のWebサイトで多くの写真と共に確認することができます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)