iPadOSは進化したマルチタスクで同じアプリ複数のコピーを開くことが出来る

iPadOSは進化したマルチタスクで同じアプリ複数のコピーを開くことが出来る

進化したマルチタスク

新しいiPadOS 13では、iPadにおいて同じアプリの複数の「コピー」を開くことができるようになります

そして、それらを切り替えて他の個々のアプリと同じように扱うことも、これらのインスタンスを他のアプリと組み合わせることもできます

たとえば、50:50の分割表示で、「メール」アプリと「リマインダー」アプリに1つの「スペース」を設定できます

その後、「メール」アプリと「メモア」プリの別のインスタンスを使用して別のスペースを確保できます

Mailアプリの各バージョンは、異なるフォルダまたはメッセージを表示できます

スポンサーリンク


たとえば、Mapsアプリの2つのバージョンで同じ画面を共有し、まったく異なる場所を表示することもできます。それはiPadのマルチタスクへの強力な追加です

iPad上のウィンドウ

2番目、3番目、それ以降のバージョンのアプリを起動するのは簡単です。例としてマップを使用しましょう。マップが画面上で開いている状態で(単独で、または別のアプリケーションとペアになっている場合)、Dockのマップアイコンをタップするだけです。 iPadはこのExposéスタイルのビューに切り替えて、現在のインスタンスを表示します

IPadOS Window 00001 z

新しいマップの「ウィンドウ」を作成するには、右上隅にある「+」ボタンをタップするだけです、これにより、マップの新しいインスタンスがExposéスペースに追加されます、新しいウィンドウをタップして開くことができます

スクリーンショットを見るとわかるように、Exposéウィンドウには「マップ」アプリを含むすべてのペアも含まれています。マップをメールとペアにして、マップの別のインスタンスをSafariとペアにした場合は、それらのペアの画面が両方ともここに表示されます

分割ビューの使用

通常のフルスクリーンメールを使用していて、いくつかのマップウィンドウのうちの1つをプルアップしたいとします

簡単です、今すぐiOS 12と同じように、マップアイコンをDockからドラッグして分割表示を開始するだけです

IPadOS Window 00002 z

この状態から次に、大きなサムネイルから必要なインスタンスを選ぶだけです

スポンサーリンク


スライドオーバービューにアプリを追加する場合も同じことが起こります、アプリアイコンをスライドオーバー位置にドラッグするだけで、ドロップすると同様のバージョンのExposéピッカーが表示されます

IPadOS Window 00003 z

慣れるには少し時間がかかりますが、一度それを把握すれば、システム全体が理にかなっています

すべてがアプリのアイコンに含まれているので、最も使用頻度の高いアプリをDockに保存するでさらに便利になります

iPadOSはiPadマルチタスクに大きな利点をもたらす

Macの場合のように、同じアプリケーションの2つのウィンドウを同時に開くことができるだけでなく、既存のSplitにドロップすることはなくなります

アプリのアイコンをタップしたときにセッションを表示します、設定が完了したら、そのままにしておくことができます

IPadOS Window 00004 z

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)