最新のiPad Air、内部構造はiPad Pro 10.5インチを似ているが、ProMotion Display Techに欠けている

最新のiPad Air、内部構造はiPad Pro 10.5インチを似ているが、ProMotion Display Techに欠けている

最新のiPad Airの詳細

iFixitは、最新のiPad Airを分解しスペックを確認、構成部品に関する追加の詳細を公開しました

最新のiPad Airは、第1世代のApple Pencilと互換性があります

iPad Airは、10.5インチiPad Pro 2017とサイズおよび厚さが同じで、わずかに軽量です

iPad Airを開くと、Appleの2017 iPad Proシリーズに似た内部レイアウトと中央ロジックボードが表示されます
IPad Air 3 Teardown 00002
デュアルセル30.8 Whバッテリーは、Appleが自社サイトで宣伝している30.2 Whバッテリーよりも少し大きく、そして2014年iPad Air 2の27.6 Whバッテリーからのステップアップを提供しています

スポンサーリンク


最新のiPad Airは、現在の11インチおよび12.9インチiPad Pro 2018専用のProMotion 120 Hzテクノロジーを欠いています
IPad Air 3 Teardown 00003
ストレッチリリース接着剤プルタブを欠いており、画面の上部近くに余分な接着剤が含まれているので、新しい iPad Airは、後期10.5 インチの iPad Pro よりも分解するのが困難です

IFixitは新しいiPad Airに10点満点の2点を修理可能性スコアとしました、これは新しいiPad miniが昨日のティアダウンで得たものと同じスコアです

(Source iFixit , Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)