Apple、iOS セキュリティ対応 16.5.1(a)、iPadOS セキュリティ対応 16.5.1(a)をリリース

Apple、iOS セキュリティ対応 16.5.1(a)、iPadOS セキュリティ対応 16.5.1(a)をリリース

Apple は本日、iOS および iPadOS 16.5.1を実行しているiPhoneおよびiPadユーザーが利用できる 緊急セキュリティ対応(RSR)アップデート、「iOS セキュリティ対応 16.5.1(a)」と「iPadOS セキュリティ対応 16.5.1(a)」をリリースしました

*Safariで問題が発生したため、現在撤回されています詳細はこちら👉

IOS 16 5 1 a

IPadOS 16 5 1 a

Rapid Security Response アップデートは、完全なソフトウェア アップデートをインストールすることなく、iOS および macOS ユーザーにセキュリティ修正を提供するように設計されています


本日のアップデートは、積極的に悪用されている WebKit の脆弱性に対処するものであるため、できるだけ早くアップデートすることをお勧めします

iOS セキュリティ対応 16.5.1 は、「iPhone」または「iPad」設定アプリの標準のソフトウェア アップデート メカニズムを通じて利用できますが、アップデートは迅速で、アップデートのダウンロードに数分しかかからず、その後インストール プロセスをすぐに再起動する必要があります







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)