Apple、Wi-Fi の問題に対処するために iOS 16.1.1 のリリースを準備中

Apple、Wi-Fi の問題に対処するために iOS 16.1.1 のリリースを準備中

Appleは、二週間前のiOS 16の最初のメジャーアップデート後にユーザが経験したバグと問題に対処するために、iPhoneのユーザを悩ませてきた永続的なWi-Fiバグを含むiPhone用のiOS 16.1.1アップデートを準備しています

MacRumorsはこの1週間、ウェブサイトの分析からiOS 16.1.1を実行するデバイスの兆候を確認しており、アップデートはApple内でテスト中であり、近い将来にリリースされる可能性があることを示しています

今回のアップデートにどのような内容が含まれるかは不明ですが、ユーザーに影響を与えているWi-Fiの広範かつ永続的なバグが修正される可能性があります、このバグにより、ユーザーのiPhoneは、夜間やその他の状況で待機状態のままにしておくと、Wi-Fiからランダムに切断されます

Wi-Fiバグの修正と並行して、Appleは9月のiOS 16のリリース以来ずっと続いていたユーザーからの苦情、例えばバッテリーの消耗、Spotlight検索の遅さ、iPhone 14 Proモデルでアプリをスワイプアウトするとアニメーションが遅れるといった報告に対処にも対応できる可能性があります

スポンサーリンク


新機能として、iOS 16.1.1にはiPhone 14およびiPhone 14 Proモデル用のサテライト経由の緊急SOSが含まれる可能性があります

BloombergのMark Gurman氏は、最近のPower Onニュースレターで、Appleは11月にiOS 16へのドットアップデートを通じてサテライト経由で緊急SOSをリリースする可能性が高く、それはiOS 16.1.1になる可能性があると述べています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)