Apple、iPhone 14発売後のバグを修正したiOS 16.0.3を準備中

Apple、iPhone 14発売後のバグを修正したiOS 16.0.3を準備中

iOS 16.0.2は先月リリースされ、iPhone 14の問題やコピー&ペーストの許可プロンプトが過剰に表示されるなどのバグフィックスをいくつか行いました

現在、Appleがさらなるバグ修正を施したiOS 16.0.3のリリースを計画していることを示唆する証拠が見つかっています

iOS 16.0.3のソフトウェアアップデートが予定されている証拠は、過去に信頼できる指標であったMacRumorsの分析ログに現れています

iOS 16.0.3では、iPhone 14 ProでCarPlay電話をかけた際に音量が小さくなる問題、一部のiPhoneモデルで輝度を低く設定するとディスプレイがちらつく問題、メールアプリがクラッシュする文字列、iPhoneで撮影したシネマティックモード動画をMacのFinal Cut ProやiMovieで編集しようとするとエラーが出るなど、うまくいけば対処できそうなバグがいくつか残っているようです

スポンサーリンク


AppleがiOS 16.0.3をいつリリースする予定かは不明ですが、iOS 16.1が今月末にリリースされると予想されることから、今週か来週が最良の予想です

iOS 16.1では、他社製アプリでのライブアクティビティのサポート、米国ユーザー向けの新しいクリーンエネルギー充電オプション、ホームアプリでのMatterアクセサリーへの対応、Apple WatchなしのApple Fitness+、追加のiPhoneモデルのバッテリーパーセントアイコンなどが搭載されています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)