iPadOS 16.1ベータ版でStage Managerが旧モデルのiPad Proにも拡大対応、外部ディスプレイの対応に遅れも

iPadOS 16.1ベータ版でStage Managerが旧モデルのiPad Proにも拡大対応、外部ディスプレイの対応に遅れも

AppleがEngadgetに提供した情報によると、iPadOS 16.1の最新ベータ版では、話題のStage Manager機能が古いiPadにも拡張され、A12XまたはA12Zチップを搭載するiPad Proモデルでも動作するようになったそうです

また、このベータ版では、Stage Managerから外部ディスプレイのサポートが現時点では削除されており、この機能は後のiPadOS 16アップデートで復活するとされています

M1 iPadにおけるStage Managerの外部ディスプレイサポートは、今年後半のソフトウェアアップデートで提供される予定です

iPadOS 16のベータテスト期間中、Stage Managerは2021年に発売されたM1 iPad Proモデル、およびM1 iPad Airに限定されてきました、A12XおよびA12Zチップを使用する2018年および2020年モデルのiPad Proを含む、他のすべてのiPadはこの機能を使用することができませんでした

Apple は、そのような主要な機能を最新のハードウェアに限定することで継続的な批判を受けており、同社は追加の iPad に機能を拡張する方法を考え出すようになりました

スポンサーリンク


Stage Manager での外部ディスプレイ機能の削除により、Apple は M1以外のハードウェアで適切なエクスペリエンスを提供できるようになった可能性があります

Stage Manager 002

Stage Manager は、最新の iPadOS 16.1 ベータ版がインストールされている限り、2018年および 2020年の 11および 12.9インチiPad Proモデルとともに、すべての M1 iPadで利用できるようになりました

Apple はこのベータ版をiPadOS 16 beta 10と呼んでいることに注意してください

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)