一部の iOS 16 ユーザーはリリース2週間後も、未解決のバグとバッテリーの消耗に直面し続ける

一部の iOS 16 ユーザーはリリース2週間後も、未解決のバグとバッテリーの消耗に直面し続ける

AppleがiOS 16を一般公開してから約2週間が経ちました、ロック画面のパーソナライズ、メッセージの大きな変更、マップの新機能に加えて、このアップデートでは、バグ、パフォーマンスの問題、バッテリーの消耗など、さまざまな問題が発生しています

iOSのメジャーアップデートの後、一部のユーザーが新しいアップデートに問題があると報告するのは普通のことですが、そのような報告は通常、リリース後の数日間で沈静化します

今年は状況が異なり、iOS 16では、ほぼ毎日のようにかなりの数のバグがユーザーから報告されています

iOS 16の初期バージョンは、すべての対応iPhone向けのiOS 16.0でしたが、iPhone 14とiPhone 14 Proには、最新のiPhone向けのいくつかの問題に対処したiOS 16.0.1アップデートが1日で利用可能でした

先週、AppleはiOS 16.0.2をリリースしたが、これはiPhone 14 Proのカメラを震わせていること、迷惑なコピー&ペーストのプロンプトであること等に対処しました、iOS 16.0.1とiOS 16.0.2のアップデートにもかかわらず、ユーザーはまだ対処されていないバグに直面しています

スポンサーリンク

直面している問題の一部

現状、iOS 16.0.3の兆候は見られず、Appleが来月のiOS 16.1出荷前に別のiOS 16アップデートを計画しているかは不明です

Appleは現在、iOS 16.1を開発者とパブリックベータテスターでテストしていますが、iPadOS 16.1やmacOS Venturaと並んで10月まで発売を見ることはなさそうです

Appleサポートは、問題に直面している顧客に対して、iPhoneを再起動し、最悪の場合は復元することを推奨しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)