Apple,iPhone 14 Proの手ブレバグやコピー&ペーストの許可などを修正したiOS 16.0.2をリリース

Apple,iPhone 14 Proの手ブレバグやコピー&ペーストの許可などを修正したiOS 16.0.2をリリース

iOS 16.0.2

AppleはiOS 16.0.2を全iPhoneユーザー向けに公開しています

IOS 16 0 2 001

アップデートは、[設定]>[一般]>[ソフトウェアアップデート]より行えます

今回のアップデートには、iPhone 14だけでなく他のモデルについても重要なバグ修正が含まれています、たとえば今日のアップデートでは、一部のアプリでiPhone 14 Proのカメラが突然震える問題に対処したほか、コピーとペーストのプロンプトがシステム全体に表示される問題も解決しました

iPhone 14 Proユーザーが言及しているように、Snapchat やTikTokなど一部のサードパーティー製アプリがカメラを振動させていました、公式な理由は明らかになっていませんが、おそらくカメラのレンズの光学安定性に影響を与えていたと思われます

iOS 16ユーザーを悩ませていた別のバグは、コピー&ペーストのアクセス許可に関連するものでした

これは、アプリがシステムのクリップボードにアクセスすることを許可するか拒否するかをユーザーに尋ねるものです、ただし、このプロンプトは、特定のアプリにクリップボードへのアクセスを許可した後も、ユーザーに常に表示されていました

いずれのバグもiOS 16.0.2で修正されています

Appleのリリースノートによると、iOS 16.0.2は一部のiPhoneモデルに影響するVoiceOver関連のバグと表示問題も修正していいます

スポンサーリンク

iOS 16.0.2リリースノート

このアップデートには以下のバグ修正とiPhone用の重要なセキュリティアップデートが含まれます:

  • iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxで一部の他社製Appを使用して撮影するとカメラが振動して写真がぼやけることがある問題
  • デバイスの設定中に画面全体が黒くなることがある問題
  • App間でコピー&ペーストすると、許可を求めるプロンプトが想定より多く表示されることがある問題
  • 再起動後にVoiceOverが使用できないことがある問題
  • 一部の修理済みのiPhone X、iPhone XR、およびiPhone 11の画面でタッチ入力が反応しなかった問題に対処

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、以下のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)