iOS 16リリース時には利用できない機能

iOS 16リリース時には利用できない機能

AppleはWWDC 2022のキーノートでiOS 16を発表しましたが、すぐには使えない機能がたくさんあります

昨年も、ベータ期間中に延期されたか、Appleが今は準備ができていないと判断したかにかかわらず、同じことがいくつかの機能で起きました

リリース時に利用できない機能

iOS 16で再設計されたロック画面は、この秋の新OSに搭載されるであろう最高にクールな機能の一つであることは間違いありませんが、Appleによると次の機能は今年後半に利用できるようになるとのことです

ライブアクティビティー

ライブアクティビティーは、ロック画面からリアルタイムで起こっていることを把握するのに役立ちます
2022 08 16 10 04 04

ライブアクティビティーAPI

スポーツの試合を観戦したり、ドライブや注文の進捗を確認したりすることができます、新しいデベロッパAPIを使えば、お気に入りのサードパーティアプリケーションからライブアクティビティーを一目で見ることができます

スポンサーリンク

新しい共同作業アプリ

iOS 16、iPadOS 16、macOS Venturaで期待される、新しい柔軟なキャンバスであるFreeformも今年後半に提供の予定です

新しい共同作業アプリケーションを使えば、ユーザーはiMessageやFaceTimeでチャットをしながら、新しいプロジェクトを図式化したり、リアルタイムのコラボレーションをするためのキャンバスを手に入れることができます

2022 08 16 10 08 35

このホワイトボードには、たくさんの人が書いたり描いたりして共同作業するためのスペースがあります

Game Center

  • SharePlay
  • Game Centerマルチプレイヤーサポートを使用するゲームには、SharePlayが統合されています、FaceTime通話で友達と自動的に再生を開始できます

  • 連絡先の統合
  • 連絡先には、友達のGame Centerプロフィールが表示されます、タップスルーすると、ゲームで何をプレイしているか、何を達成しているかを確認できます

スポンサーリンク

Matter

Matterは、幅広いスマートホームアクセサリをプラットフォーム間で連係できるようにするスマートホームの接続規格です

これにより、あなたのMatter対応アクセサリとHomeKit対応アクセサリをホームアプリとSiriでシームレスにコントロールできます、自分の家で使えるアクセサリのラインナップが最大限に広がり、互換性も最大限に向上。最高レベルのセキュリティも保たれます

Matter対応アクセサリを利用するには、ホームハブとして機能するApple TVまたはHomePodが必要で、この機能も今年後半です

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)