【iOS 12】AirDropを使用してパスワードを共有する方法

【iOS 12】AirDropを使用してパスワードを共有する方法

iOS 12は、実際に使いたいパスワード管理システムに向けて大きな進歩を遂げています
強力なパスワードを生成するのが簡単になり、フォームにサインインすると関連するパスワードが表示されさらに、APIを使用してこのすべてを第三者に公開します

Appleは明らかに、独自のアルゴリズムで生成された強力なパスワードを使用することを望んでいます、そのためにパスワードを共有するのがとても簡単になりました
AirDropを使用すると、近くのAppleデバイス(自分または友人)にパスワードをドロップできます

これはAppleが言うように、パスワードはプレーンテキストでは共有されていません、実際にログインはその人のiCloudキーチェーンに直接入ります
この機能は、iOS 12とmacOS Mojaveを実行するデバイスでのみ機能します

スポンサーリンク

AirDropを使ってiOS 12でパスワードを共有する方法

  1. 「設定」>「パスワードとアカウント」を選択します
  2. 「WebサイトとAppのパスワード」を選択します、またはSiriに 「自分のパスワードを表示して」と尋ねて、同じページにアクセスすることもできます
  3. パスコードまたはFace IDで認証します
  4. リストから、ログインを選択します
  5. Password AirDrop 002 z

  6. 「パスワード」フィールドをタップ&ホールドし「AirDrop」を選択します
  7. Password AirDrop 003 z

  8. AirDropメニューから、パスワードを共有する連絡先を選択します

パスワードの共有について、iOS 11でもワイヤレスで安全にWi-Fiパスワードを共有できる機能がリリースされています

他の人に Wi-Fi ログイン画面を開いてもらい、デバイスを近づけるだけです

(Via iPhone Hacks.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)