「iOS 11」で運転中の機能が動作している時の通話の仕組みのビデオ

「iOS 11」で運転中の機能が動作している時の通話の仕組みのビデオ

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

Do Not Disturb While Driving

iOS 11には、運転中に着信する通話、テキスト、通知をブロックするよう設計された、運転中の新しい着信拒否機能が導入されています。

デベロッパーに公開された「iOS 11 beta 2」では、運転中の通話ブロックは有効になりました、開発者とパブリックベータテスターに​​は今すぐ利用できます

「MacRumors」は、その仕組みについてのアイデアを提供するためにこの機能を実践しています

睡眠中、運転中の着信中など、着信通知をブロックする既存の着信通知機能の拡張機能は、自動車のBluetoothに接続されているとき、または手作業で自動的に着信するように設定できます

自動設定では、自分のiPhoneが車の加速を検知したときには、運転中の着信通知がオンになりますが、このオプションでは、乗客のときに不便になる可能性があります(この状況ではオフにすることもできます)

Bluetooth設定では、携帯電話が車のBluetoothに接続されているときはいつでもこの機能をオンにします
車を運転する唯一の人であれば理想的な設定で、名前が示す通り手動でコントロールセンターから電源を入れることができます


スポンサーリンク







アクティブな間、 着信音は着信、通知、およびテキストメッセージをミュートし、iPhoneの画面は暗くなります
テキストの場合は、連絡先にあなたが運転していることを知らせるメッセージを送信し、後でそのメッセージに戻ることができます

緊急時には、運転中にテキストであなたに連絡しようとしている人が、「緊急」の2番目のメッセージを送信することによって、通知を中断する可能性があります

自動返信は、すべての連絡先、またはお気に入りやおしゃべりなどの特定のグループに対してカスタマイズして有効にすることができます

iPhoneが車のBluetoothやハンズフリーアクセサリに接続されている限り、電話をかけることができます、電話を受けなくても応答できます
Bluetoothまたは互換アクセサリに接続されていない場合は、 テキストメッセージや通知のような通話はブロックされます

運転中は着信を拒否する運転手は、使用しない、またはいつでも切り替えることができる完全にオプションの機能ですが、注意散漫を減らすためにオンにすることを検討する必要がある重要な新しい安全機能です

(Via MacRumors.)


米国だけの問題ではなく、日本でもニュースで幾度となく運転中の携帯電話使用やそれによる事故が、ニュースで取り上げられています

我が国では「道路交通法」で運転中の携帯電話の使用が禁止されています

携帯電話使用等(保持)と携帯電話使用等(交通の危険)では点数や反則金の額が異なりますが罰則もあります
(信号待ち等で停止中の携帯電話の操作とハンズフリー機能を用いての通話は合法のようですが)

皆さんも、車の運転中などに携帯電話を使用している光景を見たことがあるはずです
現状では、罰則で抑制する以外にこの様な行為を抑制する解決策はなく全く不完全です

Appleの取り組みも完全に抑制はできませんが、抑制に一役買うことは間違いありません

私もそうですが、ドライバーも同乗者も人生を棒に振ってしまう可能性があることを肝に銘じて利用したいものです


では、では・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)