Apple、本日の「iOS 10.3」でハッカーがSafariのバグで身代金を要求するセキュリティホールを修正

Apple、本日の「iOS 10.3」でハッカーがSafariのバグで身代金を要求するセキュリティホールを修正

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

Safariの欠陥を修正



本日の「iOS 10.3 (14E277)」でハッカーがSafariのバグで身代金を要求するセキュリティホールを修正しています

「AppleInsider」によると

ハッカーは、ポルノの素材や海賊版の音楽などのコンテンツを閲覧するユーザーをターゲットに、SafariがJavaScriptポップアップウィンドウを活用する方法の脆弱性を利用していたと、ArsTechnicaは報告しています

MobileSafari 001



スポンサーリンク




実際には、iOS 10.2に存在する欠陥により、ハッカーはポップアップの無限ループを制御し、ユーザーをブラウザから効果的にロックすることができました。犠牲者がテキストで電話番号に配信されたiTunesギフトカードコードの形で「料金」を支払うまで、ポップアップは引き続き脅かされるメッセージを組み込んでいました

(Via AppleInsider.)


安全のためにも「iOS 10.3」にアップデートしておく必要があります












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)