Appleは、採用についてより「慎重」になるにつれて、契約ベースの採用担当者を解雇

Appleは、採用についてより「慎重」になるにつれて、契約ベースの採用担当者を解雇

Appleは、同社の人材採用を支援する責任を負っていた約100人の契約社員を解雇したとのことです

BloombergのMark Gurman氏によると、契約ベースの採用担当者は先週解雇され、以前は「Appleの従業員の新規採用の責任者 だったと述べています

この最新のニュースは、Appleが以前より少ない人数を採用していると主張した先月の別のレポートに続くものです

AppleのTim Cook CEOも、先日の決算説明会で、同社が採用についてより「慎重」になることを確認し、その理由として現在の経済状況を挙げています、Cook氏はその電話会議で、「われわれは不況下でも投資することを信じている」とアナリストに語っていました

彼はさらに、Appleは「人を雇い、地域に投資し続けるが、環境の現実を認識し、より慎重にそうしている」と述べていました

Gurman氏が指摘するように、このような整理はAppleにとって異例で、正社員である採用担当者を解雇したわけではなく、解雇されたのはすべて契約社員でした

スポンサーリンク


AppleはしばしばAppleの様々な役割に契約社員を使いますが、正社員と比較すると、契約社員はあまり保護されないまま放置されることが多いのです

解雇された人々は、合計2週間分の給与と医療給付を受け、私物はリストに追加してAppleにメールして回収してもらう必要があると告げられました、セキュリティバッジはすでに無効化されていました

Appleは、他のハイテク企業と同様に、世界がインフレとエネルギーコストの上昇によってもたらされる経済の不確実性に苦しんでいる時に、在庫を確保し続けています

Appleは、iPhone 14の新機種に加え、Apple WatchやiPadのリフレッシュモデルを発表する見込みで、どちらも今年最後の3カ月間の要因となりそうです

しかし、現在の世界情勢が今後のiPhoneをはじめとするApple製品の販売に影響を与えるかどうかは、不明です

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)