中国のMacBookProアセンブラーは、7月までにロックダウン前の生産レベルに戻る可能性は低い

中国のMacBookProアセンブラーは、7月までにロックダウン前の生産レベルに戻る可能性は低い

最新の業界報告によると、Appleの中国におけるMacBook Proの組み立て作業は、人手不足と物流の問題から7月までロックダウン前の生産レベルに戻る可能性は低いとしています

DigiTimesが引用したサプライチェーンの情報筋によると、中国東部の主要都市のノートPCメーカーは、最近の段階的なロックダウン緩和を受けて操業を再開しているが、上海のメーカーは現在、10~20%のキャパシティでしか稼働していないとのことです

上海は、AppleのハイエンドMacBook Proの唯一のサプライヤーであるQuanta Computersの拠点です、中国のロックダウン以降、出荷時間が3~5週間増加しています、MacBook Proの一部の構成は現在、6月下旬から7月上旬まで出荷されません

報告書によると、上海の工場では、組立作業員と寮生活者のみが職場に戻ることを許可されているため、依然として制限の矢面に立たされています

スポンサーリンク


一方、多くの製品が入港待ちのコンテナ船に積み込まれているといわれ、これらの製品が小売店に受け入れられて顧客に出荷されるまで、生産施設での大規模な引き込みは保留されています

また、復旧が遅れたため、部品の引き込み強度も予想を大きく下回ったという

MacRumorsの読者の中には、3月と4月に注文されたMacBook Proモデルを待っていて、Appleの供給問題のために出荷が大幅に遅れているという情報を持っている人もいます、この問題は2022年第三四半期のAppleの製品売上に影響を与えると予想されています

Appleは既に、中国でのロックダウンによる混乱やシリコン不足によって、強い消費者需要を満たすのに十分な製品を生産することが引き続き困難であることを認めており、これが最終的にAppleの6月の四半期売上高に影響を与える可能性があります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)