Apple、「幻の」AirTag盗難警報を認め、暫定的な解決策を発表

Apple、「幻の」AirTag盗難警報を認め、暫定的な解決策を発表

AppleのAirTagは、当初はセキュリティ上の懸念があったものの、AppleがAirTagの不要な追跡、ストーキング、一般的な誤用を防ぐために常に努力してきたおかげで、信頼できるオブジェクトトラッカーになりました

しかし、悪用を防ぐために設計されたこれらの洗練された機能のひとつが、しばしば人々を、自分の後を追ってもいないAirTagの行方に迷わせることがあります

Wall Street Journalは、この問題を詳しく説明するレポートの中で、”幻のAirTagアラート”の原因を深く掘り下げています

誤解を恐れずに言えば、iPhoneユーザーは、トラッカーが自分を追いかけてきた場合、「Find My network」によって不正なAirTagの存在を警告されます

Appleは、不要な追跡を抑制するためのAndroidアプリも開発しました、このアラートでは、ストーカー被害に遭いそうな人に、追跡対象者の居場所を特定するためのオプションが提供されます

また、必要に応じて地元の法執行機関を巻き込むオプションも用意されています

スポンサーリンク


Wall Street Journalは、「ここ数週間で、一部のiPhoneユーザーは、しばしば真夜中に、自分の進路上に全くない可能性のあるAirTagsのアラートを受信し始めている」と報じています、そのような偽のアラートの犠牲者は、AirTagの位置と経路のマップが表示されます

「AirTagの位置を示す地図には、ユーザーの位置から放射状に伸びる赤い直線という共通パターンがあります。もし、AirTagがこれらの経路を移動(飛行?)しているとしたら、街中の道路の真ん中を横切ったり、工事現場を通過したり、壁を突き破ったりしています」

このような誤った警告は、ユーザーの安眠を奪い、そもそもユーザーを追ってこなかったAirTagを追いかけることになりかねません

このバグに起因する、より重大な問題は、本物の警告とバグによって引き起こされた警告を区別することができないことです、Appleはこの問題を認め、ユーザーが試すことのできる改善策を共有しています

スポンサーリンク


「Appleの広報担当者は、このようなアラートは、iPhoneが一時的に位置情報サービスを混乱させる領域Wi-Fi信号を受信したことに起因している可能性があると述べています。潜在的な修正は、[設定]>[プライバシー]>[位置情報サービス]に移動し、Wi-FiがiPhone上で有効になっている時、スイッチをオフとオンに切り替えることです。彼はまた、より人口密度の高い地域では、近くの他の人が所有するAirTagsが不注意に不要なアラートをトリガーする可能性があると述べています”

Appleは今年中にAirTagsに組み込まれたストーカー対策にさらなる改良を加えることを約束していますが、正確なスケジュールはまだ不明です

(Source Wall Street Journal , Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)