AppleのAR / VRヘッドセットは、iPhoneに代わる次の “one more thing”か?

AppleのAR / VRヘッドセットは、iPhoneに代わる次の “one more thing”か?

AppleのAR / VRヘッドセットは、iPhoneに代わる次の “one more thing “になると言われています

しかも、8Kディスプレイを2枚搭載したMac並みのパワフルなものになるはずです

アナリストのMing Chi-Kuo氏は11月、Appleの「目標は、10年以内にiPhoneを拡張現実 (AR) に置き換えることだ」と主張しました

現在、噂としてわかっていること…

デザイン

AppleのARプロジェクトの最終目標は、スタイリッシュでスマートなメガネを作ることですが、最初のバージョンはそれをはるかに超えるものになると報じられています

したがって、第1世代のAppleヘッドセットは、「Airpods Max」と同様に編地に包まれたOculus風のヘッドセットとなる予定です、同じく柔らかい布製のボディを持つGoogleのヘッドセットDaydreamの薄型バージョンのように見えるかもしれません

Apple View 002

また、「ヘッドマウントディスプレイ装置」の特許出願には、いくつかの携帯オプションが記載されており、快適さが重視されることを意味しています

しかし現在のところ、AppleのARデバイスのデザインについて詳しいことは分かっていません

Jon Prosser氏は、AppleがARメガネのプロトタイプに取り組んでいると報じましたが、最近の噂は、本物のメガネが製造されるのは何年も先になる可能性が高いと言われています

スポンサーリンク

ディスプレイ

複合現実 (MR) デバイスとしてのApple Glassは、アイトラッキング技術を搭載した2つの高解像度8K画面に仮想現実と拡張現実の両方を表示すると噂されています

The Informationによると、、このヘッドセットには10台以上のカメラが搭載され、画面に実際の映像を映し出すと言います、その結果、あたかも透明なガラスを通して見ているような感覚になります

Appleはおそらく、OLEDかミニLEDのいずれかの技術を採用し、ガラスにはAppleのCeramic Shieldコーティングも施す予定です

プロセッサーと技術データ

Ming-Chi Kuo氏によると、AppleのARヘッドセットには2つのプロセッサが搭載され、ハイエンドプロセッサには「Mac用M1と同様の演算能力」が搭載され、2つ目のチップには「センサー関連の計算」が搭載されるとのことです

これはヘッドセットとしては大きな処理能力のように思えますが、8Kディスプレイを搭載しなければならない場合は、それに対応する強力なチップも必要になります

また、Apple Watchと同様に、iPhoneとペアリングする必要があると報じられています、Ming-Chi Kuo氏によると、このヘッドセットは「iPhone 14」でも使用されると噂されているWi-Fi 6 Eをサポートするとも報じられています

また、少なくとも8GBのRAMと256GBのハードドライブを搭載している可能性があります

スポンサーリンク

アプリケーションと機能

私たちユーザーは、このようなメガネで実際に何ができるのでしょうか?、現時点では、Appleのヘッドセットのユーザーインターフェースがどのようなものになるかはわかっていません

しかし、人や物を認識するヘッドアップディスプレイのようなもののようです、iOS 15の新しい没入型道順案内は、その仕組みをよく表しており、名前とドライブガイドが道路にダイナミックに重ね合わせ表示されるようになっています

カードだけでなく、フィットネス、音楽、メッセージ、通話などのアプリも中心的な役割を果たすと予想されます

複合現実 (MR) デバイスとして、VRアプリケーションの処理も可能になり、ヘッドセットをさまざまなアプリに開放するすることになります

BloombergのMark Gurman氏も、「ゲームにはメディア消費と同様に、ゲームもこのプラットフォームで強くフォーカスされる可能性がある」と報じています

同氏は、Appleが開発者やメディアパートナーと緊密に協力して、同デバイス上でVRで視聴可能なコンテンツを作成することを期待しています、Appleも独自のストリーミングサービスでVRコンテンツに参入する可能性があります

価格とリリース

Appleは数年前からVRヘッドセットの開発に取り組んでいると報じられていますが、Gurman氏とKuo氏は、Appleがリリース日として2022年を目標としていることに同意しています

モバイルアクセサリーなので、9月のiPhoneイベントで取り上げられる可能性が高いです

価格については、このメガネは非常に高価で、数千ドルもする可能性があると噂されています

この価格であれば、主に熱狂的なファンや開発者向けの概念実証デバイスになると思われるが、Appleのウェアラブルの将来にとっては、それに劣らず魅力的です

(Via Macwelt.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)