Appleの音響担当副社長Gary Geaves、AirPodsとBluetoothの限界について語る

Appleの音響担当副社長Gary Geaves、AirPodsとBluetoothの限界について語る

AppleのAirPodsはここ数年で成功を収めており、そのラインナップには複数のバリエーションがあります

What HiFiの新しいインタビューで、Appleの音響担当副社長Gary Geaves氏とプロダクト・マーケティング・チームのEric Treski氏がAirPodsの技術について詳しく語っっています

インタビューで最も注目すべきコメントの1つは、Geaves氏が、BluetoothがAirPodsのハードウェアの「足かせ」となり、「音質を阻害しているのではないか」という質問に対するもので

そのため、私たちはBluetooth技術からできることを最大限に引き出すことに懸命に努力しなければなりません。でも、もっと広い帯域が欲しいのは事実です。もっと帯域幅が欲しいですね

スポンサーリンク


AirPods 3を構想する際、AirPodsチームは第2世代のAirPodsの長所を「非常によく見ていた」とGeaves氏は述べています

耳に密閉感を与えない「楽なオープンフィット」はAirPodsの大きな魅力ですが、密閉感がないために「オーディオチームにとって課題が生まれる」のだそうです

Geaves氏によると、2つとして同じ耳はないため、人々が体験する音は「特に低音が大きく異なる」と言い、このためAppleのAirPodsチームは人それぞれの装着レベルに関わらず、一貫した周波数特性を提供するため、AirPods Proの機能であるAdaptive EQをAirPods 3に追加しました

オーディオハードウェアをデザインするとき、Appleは「強力な分析基盤」から作業し、「広範な測定」と「深層統計調査」を行い、「内部音響解析応答」を考慮に入れています

Geaves氏によると、Appleは音楽を聴くことが「非常に深いレベルで人々がつながる感情的な体験」であることも理解しているので、「批判的なリスナーとチューナーの専門家チーム」とも連携しているそうです

このチームはプロオーディオ業界の出身で、新しいAirPods 3を含む各製品のサウンドを改良しているとのことです

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)