Apple、COVID-19感染拡大を受け、ニューヨークの全小売店舗を閉鎖

Apple、COVID-19感染拡大を受け、ニューヨークの全小売店舗を閉鎖

変種オミクロン株により世界中でCOVID-19の感染者が増加する中、再び小売店を閉鎖する企業も出てきています

今回、Appleが米国とカナダにある他の店舗を一時的に閉鎖した後、ニューヨークの全店舗を閉鎖することを決定しました

BloombergのMark Gurman氏が最初に報じたように、ニューヨーク市のApple Storeは月曜日に一部閉鎖されました

店舗内でのオンライン注文の受け取りは可能ですが、顧客が店舗を訪れることはできなくなります

ニューヨーク市にある店舗だけでなく、ニューヨーク州にある他のApple Storeも閉鎖されていることが確認されています

スポンサーリンク


Appleは先週、COVID-19の従業員への浸透に伴い、アトランタ、ヒューストン、ニューハンプシャーなどでさらに7店舗を閉店しました

今月初めには、パンデミックのためにマイアミ、メリーランド、オタワのApple Storeが閉鎖されました

同社は通常、従業員の10%がCOVID-19に陽性反応を示した場合、店舗を閉鎖します

Appleはまた、米国のすべての小売店でマスク着用の義務付けを復活させました、同社は”顧客と従業員の健康をサポートするため”に、どの店舗を閉鎖すべきかを判断するため「COVID-19状況を定期的に監視している」と述べています

今後も随時、一時的に閉鎖する店舗が増えると予想されます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)